So-net無料ブログ作成

花燃ゆ 第34話 豆知識51 薩長同盟 龍馬再登場 [花燃ゆ]

------------------------------
第34話の主な出来事
------------------------------
薩長同盟(1866年1月22日)

--------------------------------------------
『花燃ゆ』主人公:杉文(井上真央)
 第34話での年齢23歳
(1843年)3月1日生まれ
--------------------------------------------

スポンサーリンク


坂本龍馬の再登場により、薩長同盟が成立しました。
しかし、あんな風に西郷隆盛と桂小五郎が会談したのでしょうかね・・・。

これで、一気に討幕が進んでいくんですね。

坂本龍馬は、薩長同盟をどのように捉えていたのでしょうか。
どんどん同盟の枠を広げていこうとしていた途中なのか?

2049140_201502250790642001424866536c.jpg

討幕の戦としての戦略的に考えれば、伊達を味方に付ければ、伊達は仙台と愛媛両方を一気に、得ることが出来ます。
そうすれば、江戸を挟み込むことが出来るのですが、討幕に傾けるのは難しかったのですかね。

全国を歩いた結果として、攘夷や討幕への思いを持った人達が多かったのが、薩長だったと言うことでしょうね。

最近、よく思うのですが、毛利と島津は何故残ったのでしょうか?
豊臣秀吉、徳川家康どちらも、毛利、島津を滅ぼす機会があったのに、何故残したのでしょう?

秀吉、家康どちらも、山口と鹿児島は遥か彼方の地であり、攻め滅ぼすだけの体力が無かったのでしょうか?

無駄な血を流さずに、服従させれば目的を達すること出来れば、それにこしたことはないですからね。
服従させた後は、監視を強化しておけば良いわけですからね。

領地を遠地にしたが為に、その監視が疎かなってしまったって事ですね。

関ケ原の合戦の後、領地小さくして、徳川の膝元に置いていたら、明治維新は起きなかったのでしょうか?

2045392_201412030055170001417618324c.jpg

そうではないでしょうね。

方法は違ったでしょうが、明治維新は起きたでしょうね。
外から、訳の解らないものが迫って来たのですから、何かしらのアクションを起こしたでしょう。

毛利、薩摩以外が、事を起こしていたら、どんな現代になっていたでしょうね。

勘違いした政治家で溢れている事は変わらないでしょうけどね。

m_E6A18220E5B08FE4BA94E9838E-8b476.png

よろしければ こちらの記事もご覧下さい。
◇大河ドラマ花燃ゆ=第7話=豆知識その17脇差は現存していた!
◇大河ドラマ花燃ゆ=第8話=豆知識その19唐人お吉
◇大河ドラマ花燃ゆ=第4話=豆知識その13形見の赤間硯
◇大河ドラマ花燃ゆ=第1話=豆知識その5萩から長崎、江戸まで何日?
◇大河ドラマ花燃ゆ=第3話=豆知識その10ペリー艦隊

》関連記事リンク《
朝礼スピーチネタ[暦]
【おもしろ雑学】 目次
blog ClickTravel
今日の豆知識
過去記事まとめ
偉人の名言集 目次
何の日 目次



スポンサーリンク






nice!(36)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 36

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。