So-net無料ブログ作成

大河ドラマ花燃ゆ=第9話=豆知識その21:高杉晋作 [花燃ゆ]

『花燃ゆ』主人公:杉文(井上真央)
 第9話での年齢12歳14歳
(1845年)1843年3月1日生まれ
------------------
第9話の主な出来事
------------------
・兄   吉田松陰(伊勢谷友介)松下村塾に入塾者
・後の夫 久坂玄瑞(東出昌大)松下村塾に入塾
・従兄弟 吉田稔麿(瀬戸康史)松下村塾に入塾
・塾生  高杉晋作(高良健吾)松下村塾に入塾
・塾生  伊藤博文(劇団ひとり)松下村塾に入塾
------------------
松下村塾がいよいよスタートしましたね。

花燃ゆの劇中で思わずメモしてしまいたくなる言葉が
ありましたので、ご紹介します。

久坂玄瑞の言葉
「自分の人生がつまらないのは己が、つまらないからだ!」

吉田松陰の言葉
「君は何を志しますか?」

「志は誰も与えてくれません。志は自分で掲げるものです。」

自分に無いものだったので、思わずメモしてしまいました。

弟の敏三郎(森永悠希)が、写本が売れ文にお菓子を
買ってくる場面がありましたが、この場面は、敏三郎
どんだけ文姉のことが好きなのかが伝わるいい場面
でしたね。

1024px-Yoshida_Shoin2-horz1.jpg

※引用元:http://mens-full-life.com/entame/nhk-historical-drama/hana-moyu/

因みに、敏三郎は2歳年下の10歳12歳です。

お座敷に上がり、酒を飲みタバコを吸う???

いくらオリジナルの作品とはいえ、ちょっと遣りすぎでは
ないだろうか。

スポンサーリンク---------------------------------




--------------------------------------------------
劇中で、高杉晋作が当家は300年来藩の重臣を務めてきた。
と、セリフでいっていました。

確かに、高杉家は200石の大組という地位の家柄でしたので、
中級武士でした。

大河ドラマ花燃ゆ=第8話=豆知識その20:明倫館
を参考にしてください。

300年前と言えば戦国時代で川中島の合戦が始まった頃です。
毛利元就の頃となります。
武将としては高杉の名前は出てきません。

高杉家の祖は、甲斐武田(信玄の)の本家筋にあたる
安芸武田家の一族とされ、家紋も丸に割り四つ菱である。

高杉姓となったのは、備後国三谿郡高杉村(現:広島県
三次市高杉町)や安芸国高田郡(現:広島県安芸高田市)
高杉山辺りを所領していたのが由来。

毛利元就の頃には、上記の地は毛利家の所領となって
いるので、その頃から、高杉姓を名乗り、毛利家に使
えていたのでしょう。

セリフとは辻褄が合いますね。
武田の流れを汲んでいるとは思いませんでしたね。

そもそも、武田が安芸の出だとは知りませんでした。

高杉晋作は、24歳の時に結婚し子供が一人います。

晋作自身は、1867年5月17日27歳の若さで亡くなって
います。死因は肺結核です。

子孫に漫画家の金田一蓮十郎さん(代表作『ジャング
ルはいつもハレのちグゥ』『ニコイチ』など)がいます。
----------------------------------------------
=楽天リンク

----------------------------------------------

よろしければ こちらの記事もご覧下さい。
◇大河ドラマ花燃ゆ=第7話=豆知識その17脇差は現存していた!
◇大河ドラマ花燃ゆ=第8話=豆知識その19唐人お吉
◇大河ドラマ花燃ゆ=第4話=豆知識その13形見の赤間硯
◇大河ドラマ花燃ゆ=第1話=豆知識その5萩から長崎、江戸まで何日?
◇大河ドラマ花燃ゆ=第3話=豆知識その10ペリー艦隊

》関連記事リンク《
朝礼スピーチネタ[暦]
【おもしろ雑学】 目次
blog ClickTravel
今日の豆知識
過去記事まとめ
偉人の名言集 目次
何の日 目次



スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。